サプリの副作用・安全性

サプリの副作用・安全性

バストアップサプリの安全性については、自分の体調管理をしながら飲むことが大切です。
バストアップサプリの場合、女性ホルモンと似た作用があります。

 

ですから、もともと女性ホルモンが多い方が
バストアップサプリを飲んだ場合、副作用を起こすことがあります。

 

例えば、生理過多や不正出血等の生理不順や生理痛が現れる場合、
女性ホルモンが満たされているのにさらに女性ホルモンと似た成分が
体内に入ったために過剰になっている可能性もあります。

 

また吐き気や倦怠感、肌荒れを起こす場合もあります。
飲み始めは少量から自分の体調を見て少しずつ増やしていくと良いでしょう。
異常が現れたらすぐに服用を中止したほうが良いです。

 

バストアップサプリによっては、生理中の服用を避けるような注意書きがある場合もあります。
男性ホルモンが多くなるのは、排卵日から次の生理が始まるまでですから、
そのあたりにバストアップサプリを飲むと良いかと思います。

 

バストアップサプリは、エストロゲンを活性化しますが、
豆乳イソフラボンにも同様の効果があるため、
豆乳を飲んで不調が出た方もバストアップサプリは控えたほうが良いでしょう。

 

生理過多等の不調が出ているのに飲み続けた場合、
エストロゲンが高すぎると子宮内膜症などのリスクが高くなるので注意が必要です。